ペット保険とは

ペット保険とは、病気やケガをした際の動物病院でかかる高額な医療費の一部、または全額を負担してくれるものです。海外では加入が一般的になっているようです。

日本でもペットショップで購入する際に加入を勧められることが多く、加入者も年々増えてきています。ペット保険と一口に言っても、加入する保険会社やプランには多様な形態があります。

実額保証型、定額保証型、定率保証型があるので自分のペットに合った保険を選択することが必要になります。実額保証型というのは治療にかかった費用の全額を負担してくれるものです。全額保証をしてくれるので保険料は高くなります。定額保証型とは治療費の額に関係なく定められた金額を負担してくれる保証です。実額保証型に比べると保険料は低くなります。定率保証型というのは定められた割合負担してくれる保険です。定率保証型には5割負担、7割負担とありその負担割合によって保険料が変わります。実額保証型と全額保証型に比べると保険料は低くなります。

ペット保険は人間の保険同様、すべての治療費を負担できるものではありません。負担できるできないがありますので事前に確認が必要です。治療以外の予防処置(フィラリア予防、ダニ等予防)は適用外です。また最近では治療費だけではなく亡くなったときの火葬費も負担してくれる保険も登場してきています。